月別アーカイブ: 4月 2013

春の小川

はるの おがわは さらさら いくよ ♪ 春の陽気にぴったり、教科書でおなじみの『春の小川』です。 きれいな旋律なんですが・・・ 「川が行く」という表現にだけ少しひっかかりを感じます。 実はこの歌、もともとは文語調でした。 はるの おがわは さらさら ながる ♪ 低学年にとって文語は難しいという理由から、口語に変えられたのです。 流る・・・そんなに難しいかな、と思います。 文語といえば、格調高いが難しい、というイメージが一般的かもしれませんが・・・ 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす 有名な平家物語の冒頭です。 文語ですが、とてもわかりやすいですよね。 暗唱できる方もたくさんいらっしゃるでしょう。 もしも、この名文が口語体だったら、この至高の物語は、現代まで語り継がれていたでしょうか。 ただテストのためだけに覚えたことでも、文語は忘れにくいんですよね。 そのうえ、名文揃いなので、年を重ねるにつれて、だんだん身に染みてわかってくるものだなとつくづく感じます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ